ecoLux Laundry(エコラックスランドリー)

せんたくコラム

部屋干しでも大丈夫!洗濯物のニオイを気にせず快適に過ごす方法とは?

部屋干しでも大丈夫!洗濯物のニオイを気にせず快適に過ごす方法とは?

「ちゃんと洗ったはずなのにタオルや洋服が臭う……」といったことはありませんか?特に、梅雨の時期は部屋干しの日も増えて、生乾きの嫌なニオイに頭を悩ませる方も多いでしょう。もう一度洗い直し、となったら時間も手間もかかってしまいます。
そこで注目したいのが「洗い方」です。洗濯物を洗うときにいくつかのポイントに気を付けることで、独特のムレ臭さを防ぐことができます。
では、洗濯物にニオイがつく原因と、ニオイがしないようにする方法についてご紹介しましょう。

洗濯物のニオイはカビや雑菌が原因


雨の日に部屋干しをして、生乾きの洗濯物から嫌なニオイがするのはよくあることですよね。そのニオイの主な原因は、「カビ」や「雑菌」です。
生乾きの湿度の多い状態は、雑菌が繁殖するための好条件となってしまいます。また、洗濯で落としきれなかった皮脂汚れや汗が残っていると、それも雑菌が増える原因となります。部屋干しだと日光による殺菌ができないため、なおさらです。
洗濯物のニオイを防ぐには、洗い残しに気を付けたり、生乾きにしないように工夫したりすることがポイントです。のちほど、洗濯物の洗い方や干し方の注意点についてもご紹介します。
そのほか、意外に見落としがちなのが洗濯機の汚れです。洗濯機に汚れが溜まっていると、いくら洗剤で洗っても洗濯物に汚れがついてしまいます。その汚れがニオイの原因となるので、こまめに洗濯層の掃除をするようにしましょう。

洗剤が多すぎると逆効果!完全に水に溶かしてから洗濯しよう


洗剤を入れるとき、洗濯物の量に対して適切な分量を入れていますか?洗剤が多すぎると水に溶け切れず、衣類や洗濯機に付着してニオイの原因にとなります。多く入れれば汚れがよく落ちるわけではないので気を付けましょう。
使用する洗剤については、部屋干し専用の洗剤や除菌力の高い洗剤がオススメです。特に、ナノ洗剤と呼ばれるかなり細かい分子で洗う洗剤は、洗浄力がより高いので汚れが気になる方は試してみてください。
また、洗剤がちゃんと水に溶けた状態で洗濯しているかにも注意が必要です。洗剤は温水の方が溶けやすくなります。そのため、ぬるま湯または汚れがひどいときは40度以上のお湯で洗うようにしましょう。
すでにお風呂の残り湯で洗っているという方は、最後のすすぎのときだけは水道水を使うようにしてください。残り湯の汚れが洗濯物に付着すると、同じくニオイの原因となってしまいます。

洗濯物はためずに洗ったらすぐ干すのが大事


忙しいと、うっかり洗濯を次の日に回してしまいがちになるという方も多いかもしれません。しかし、洗濯機に洗濯物を入れすぎると、水のまわりが悪くなって汚れが落ちにくくなります。洗濯槽の7~8割ほどに収まるよう、洗濯物をためないようにしましょう。
また、洗ったらすぐに干すことも大切です。生乾きの状態は雑菌が繁殖する原因になるため、洗ったらすぐに干すようにしましょう。
洗濯物を干す場所ですが、外に干せないときはお風呂場がもっとも適しています。お風呂場は湿気が溜まりにくい構造になっているので、洗濯物を乾かすのにぴったりの場所なのです。窓際に干しているという方もいるかもしれませんが、窓際は湿気が溜まりやすいため洗濯物を干すのは避けましょう。
干すときは衣類同士がくっつきすぎないよう、間隔を空けて干すようにします。扇風機や換気扇を使うことで乾きが早くなるので、ぜひ活用してみてください。

それでもニオイが気になるときは?オススメの除菌方法


洗濯物にニオイがつかないようにするポイントは、ご紹介した通りすぐにできることばかりです。ちょっとした心がけで、雑菌の繁殖を防ぐことができます。
しかし、それでもニオイが落ちないという場合もあるかもしれません。そこで、もうひと工夫してみましょう。
まず、熱湯でつけ置きをしてから洗ってみます。40度以上のお湯に1~2時間つけ置きをし、そのあとさらに洗濯機で洗います。雑菌は熱湯に弱いため、汚れが気になるときはお湯につけ置きしてみてください。
また、洗ったあと熱湯に酸素系漂白剤を入れ、同じく1~2時間つけ置きをするのも効果的です。
ほかにも、酢を使うことでニオイが落ちやすくなります。洗濯機で洗濯の段階まで終わったあと、すすぎのときに酢を入れます。分量は大さじ2〜3杯が目安です。酢には殺菌効果があるほか、柔軟材としての機能も持っています。酢のニオイはほとんど残らないので安心してください。
どうしても干す時間がなくて生乾きのときは、アイロンをかけることで乾かしましょう。アイロンの熱よって雑菌の繁殖を防ぐことができ、ニオイの発生を抑えることにできますよ。


まとめ


洗濯物にニオイがついてしまうのは、カビや雑菌が原因であることがわかりました。洗剤を入れすぎないように気を付け、洗ったらすぐ干すようにしましょう。洗濯機の汚れが原因となることもあるので、定期的に掃除をすることが大切です。
汚れやニオイが気になるときは、熱湯につけ置きをすることで落ちやすくなります。除菌力の高い洗剤を使ってみるのもオススメです。
ご紹介した洗濯のポイントを参考にしていただき、梅雨の時期も清潔な衣類で快適に過ごしてください!