ecoLux Laundry(エコラックスランドリー)

せんたくコラム

【梅雨の洗濯物】生乾きのイヤな臭いを防ぐ方法は意外と簡単!?

【梅雨の洗濯物】生乾きのイヤな臭いを防ぐ方法は意外と簡単!?

梅雨の時期はジメジメ、ジトジトと、何となく気分が晴れません。家事もおっくうになりがちです。
中でも憂鬱なのが洗濯物。傘を忘れた子どもが、びしょぬれで下校してきた……そんな姿を想像しただけで「あー……」と洗濯のことを考え、がっかりしてしまいますよね。明日までに乾かさなきゃいけないし、何よりニオイが問題です。
一度ついた生乾きのニオイは、なかなか取れないため、何とかしたいと考えている方は多いはず。実は、生乾きの臭いを防ぐ方法は意外と簡単だって知っていましたか?今回はその方法をご紹介します。

生乾きのイヤな臭いの原因は?


汗をかいて湿った服をそのままにしておいたり、脱水後の洗濯物をすぐに干さなかったり、雨の日の部屋干しで乾くのに時間がかかったりすると、衣類はすぐに臭くなります。これは、衣類や洗濯物についた雑菌が、皮脂などのたんぱく質の汚れを分解することで放たれる臭いです。洗濯後であっても、落としきれなかった汚れで同じように雑菌が増殖してしまいます。
残念ながら、一度この状況になってしまうと普通に洗濯しただけではなかなか元に戻りません。乾いているときは気になりませんが、汗をかいたり雨に当たったりすると、残っていた雑菌が増殖して、また臭ってしまいます。
最近は、消臭効果や抗菌効果のある洗剤もたくさん出ていますが、ちょっとした工夫で臭いを防ぐことができます。

臭いを防ぐ洗い方は?


まず、汚れた洗濯物はできるだけ早く洗うようにするのが第一のポイントです。できるだけ早く洗濯することで雑菌が増殖することを防ぐのもありますが、洗濯物の容量が多すぎてしまうと汚れを落とす力が弱まりますので、そういった意味でもできるだけ早く、こまめに洗うことをおすすめします。
洗濯前の汚れた衣類を洗濯槽の中に入れた状態にしておくのは、雑菌の増殖を促すことになるので厳禁です。
洗剤には、酸素系漂白剤を使うことが有効です。液体より粉末が高い効果を得られます。ほとんどの部屋干し用洗剤には酸素系漂白剤が含まれていますので、そちらを使っても効果的です。
洗濯にお風呂の残り湯を使うという方も多いでしょう。水道代の節約にはいいですが、お風呂の残り湯は雑菌の宝庫でもありますので、すすぎには使わないようにしてください。また、すすぎのときはお酢を大さじ2~3杯入れると、雑菌の増殖を抑える効果があります。お酢の臭いは洗濯物を干している間に消えますので、ご安心を。

干し方にもひと工夫


雑菌の増殖を抑える洗い方をしても、乾くまでに時間がかかってしまえば意味がなくなってしまいます。できるだけ早く乾くように、干し方にも工夫をしてみましょう。
まず、洗濯が終わったらすぐに干します。洗濯槽の中は湿度も高く風通しも悪い密閉空間です。これは雑菌の大好きな環境ですから、一刻も早く洗濯層から取り出して干しましょう。
カーテンレールなどの壁際、窓際に干す方も多いかと思いますが、できるだけ部屋の真ん中で、少しでも風通しのいい場所を選んでみてください。壁際や窓際以外に干す場所がないという場合は、扇風機やエアコンの風を当てて空気が通りやすくなるように工夫してみてください。
次に干し方です。シャツなどのハンガー類は最低でもこぶし大の間隔をあけるようにしましょう。
角ハンガーを使って干す場合、早く乾かすコツは「アーチ干し」。外側に長い衣類や乾きにくい素材、厚手のものを、内側に行くにつれ短い衣類や乾きやすい素材、薄手のものを干します。ぶら下がった洗濯物の見た目がアーチ状になるように干します。外側のほうが風に当たりやすく、水分の蒸発がしやすい配置になります。アーチの下部にできた大きな空間のおかげで風も通りやすくなります。

道具を上手に使って素早く乾燥させる方法


まずは、換気扇や除湿器、エアコンのドライモードや扇風機を利用して、風の通りをよくしましょう。また、部屋の中で空気の循環ができるように風を当てるのも手です。
また、薄手のものならアイロンをかけてしまう方法もおすすめ。アイロンの熱で滅菌効果も期待できるので、生乾きの臭いが取れなくなってしまった衣類にも試してみてください。

梅雨時でもふっくらふんわり乾燥ならコインランドリーへ


ここまで、生乾きの臭い対策は「室内干し」を中心にご紹介してきましたが、「室内干しはできる限りしたくない」「一刻も早く乾かしたい」という場合、おすすめはコインランドリーを利用することです。
容量が大きな洗濯乾燥機で一気に洗い、乾かしてしまうことができます。特にコインランドリーの乾燥機能は、高温で一気に乾燥させるので、仕上がりがふんわり。そして、雑菌が死滅も死滅するので、生乾きの臭いもすっきりします。
そうは言っても、「コインランドリーは値段が高い」という方も多いですよね。確かに、1回にかかるお値段を考えると少し高いかもしれません。ですが、大容量の洗濯乾燥機ですから、2~3回分ならまとめて洗濯してもOKです。最初に「ため込まない」と書きましたが、洗濯機の容量、高温乾燥で雑菌も死滅させられることを考えると、びっくりするような額面ではないはずです。また、自宅の洗濯乾燥機より短い時間で終わりますし、その間に買い物などのほかの家事に時間を使えるので、最終的には時短にもつながります最近は、カフェ機能を併設するなどプラスアルファの機能を設けたコインランドリーも増えていますので、ぜひ利用してみてください。


まとめ


部屋干しの生乾き臭を防ぐさまざまな方法をご紹介しました。部屋干しにひと工夫で早く乾かすこともできます。ここで紹介した方法で洗濯物を干しても臭いがぬけない場合、洗濯槽の汚れも考えられます。洗濯槽を清潔に保つことは大前提となりますので、こまめに清掃して綺麗な状態を維持しましょう。
また、コインランドリーの活用は、繊維に残ってしまった雑菌を除菌し、しつこい生乾き臭を取ることもできるので、ぜひ利用してみてください。
ジメジメジトジトの梅雨の時期だからこそ、洗濯はすっきりとしたいものですね。