ecoLux Laundry(エコラックスランドリー)

せんたくコラム

服の整理も入れ替えも両方できちゃう!押さえておきたい衣替えのコツと収納テクニックとは?

服の整理も入れ替えも両方できちゃう!押さえておきたい衣替えのコツと収納テクニックとは?

衣替えというと「どの服をしまうか悩んだり、うまく収納ケースに収まらなかったりして大変」というイメージをお持ちではありませんか?「どこから手をつければよいか分からない」という方もいるでしょう。
衣替えは、持っている服を整理し、いらない服を処分するよい機会でもあります。そこで、衣替えをスムーズに行うための方法や、収納のテクニックについてご紹介します。
服の入れ替えをすると同時に、クローゼットのなかをスッキリさせましょう!

 

衣替えをするときのコツとは?

衣替えをするとき、いきなり服を入れ替えることから始めるのはおすすめしません。衣替えは服を整理する絶好のチャンスです。そこで、衣替えをする前に必要な準備について見ていきましょう。
「収納が苦手、衣替えで悩んでしまう」という方に共通しているのが、「片づけられない、捨てられない」という意識です。その苦手意識や捨てられないという気持ちを克服するために、具体的な3ステップのコツをご紹介します。


①着ない服は思い切って手放そう

服の入れ替えを行う前に、まず必要ない服を選別しましょう。服の全体量を減らしていくことで、収納作業がかなり楽になります。
1年以上着ていない服やサイズが合わなくなった服、生地が傷んでしまった服は、リサイクルショップに出すか思い切って処分しましょう。持っている服をあらためて把握することで、新しい服を買うときにも役立つはずです。
「もしかしたらいつか着るかも、役に立つかも」と考えていては前に進めません。着る場面がイメージできないもの、実際にほとんど着ていないものは、「断捨離」の気持ちをもって処分していきましょう。


②季節ごとに服を分類しよう

夏服と冬服だけに分けるのには無理があります。春から夏、真夏、秋から冬、真冬といったように、季節ごとに服を分類していきましょう。オールシーズン着られる服は、通年用の服として分けておきます。
季節に合わせて服を分類しておくことで、服を探す時間や出し入れの時間が節約できますよ。


③スペースや目的に合った収納ケースを用意しよう

服の分類ができたら、収納する場所や必要なスペースについて考えます。取り付けのクローゼットにしまうのか、収納ケースを買ってしまうのか、服の量と確保できるスペースの広さを見て決めていきましょう。
収納ケースを購入する場合、タイプが色々あるので目的や使いやすさを考えて選ぶのがポイントです。服を出し入れしやすい引き出しケースにしたり、移動が簡単なキャスター付き収納ケースにしたりと、お部屋に合ったものを選びましょう。


④収納ケースにラベルを貼っておこう

収納ケースに分類した服のラベルを貼っておけば、どこに何が入っているのかすぐに把握できます。目で見て分かるような工夫をすることで、着たいときにすぐに見つけ出せるようにしておきましょう。


このように、服を整理してから分類していくことで、衣替えの作業をスムーズに行うことができます。服の量が多くて一気にできないという方は、何日かに分けて進めていくとよいでしょう。

 

服はしっかり洗ってからしまおう

服に汚れや食べ残しのシミが残っていると、害虫の被害に遭うかもしれません。「穴が空いてしまった……」ということにならないよう、服はきちんと洗って汚れを落としておきましょう。
洗濯するときは、お湯で洗うと汚れが落ちやすくなります。すすぎはお風呂の残り湯ではなく水道水を使って行いましょう。
また、カビを防ぐためにしっかりと乾燥させることも大切です。アイロンをかけておくと防虫対策にもなります。クリーニングに出したものはビニール袋をはずし、風通しのよいところに陰干しをして湿気を取りましょう。
服をきれいな状態にして収納することも、次のシーズンに気持ちよく着られるようにするためには欠かせない作業です。衣替えの準備が整ったら、いよいよ収納テクニックを身につけていきましょう。

 

収納で大切なのは「出しやすさ」!服のたたみ方と収納の仕方を工夫しよう

収納テクニックで大切なのは、「服が出しやすい・使いやすい」ということです。いくらきれいに分類されていても、取り出しにくければ意味がありません。そのためには、たたみ方や種類に合わせた収納の仕方を覚えておくことが重要です。
限られたスペースにきっちり収納するために、服はたたんで分かりやすく収納していくことがポイントです。Tシャツやジーンズなどシワになりにくい服は、ハンガーにかけるのではなくたたんで収納してしましょう。
四角くなるようにたたんでいき、収納ケースに縦に並べていくと取り出すときに便利です。セータなどの厚みのある服は、たたんだあとにくるっと巻いて収納していくとスペースを節約できます。また、市販の圧縮袋を使うのもよいでしょう。

 

さらに、服を収納したら忘れずに防虫剤を入れておきます。防虫成分が行き渡るよう、服の上に並べて置いていきましょう。特に大切な服は、密閉できるプラスチックケースに入れるのが安全です。防虫剤のニオイが気になる方は、ハーブなど天然成分で作られたものを使用するとよいでしょう。


衣替えは、ご紹介した順番通りに、ポイントを押さえながらやるとスムーズに終えることができます。ただ服を入れ替えるだけでなく、いらなくなった服を整理することで、収納場所を広めに確保することにもつながります。
衣替えに取りかかる前に、まずは不要な服を処分するところから始めましょう。そして、季節に応じて服を少しずつ入れ替えていくことで、衣替えの作業が苦ではなくなるはずです。
服の整理方法と収納テクニックを活用して、気分も収納場所もスッキリできる衣替えにしましょう!