ecoLux Laundry(エコラックスランドリー)

せんたくコラム

まるでクリーニング仕上げ!真っ白なシャツを作るコツ

まるでクリーニング仕上げ!真っ白なシャツを作るコツ

ワイシャツはその白さゆえに、汚れが目立ってしまうのが悩みです。多くの方はクリーニング屋さんに持ち込んでいるかと思いますが、実は自宅でもある程度までなら白くキレイにできるのをご存じでしょうか? ポイントは、事前の準備と洗剤選び、そして正しい洗濯の方法にあります。今回は、ワイシャツを自宅で洗うためのポイントについてお伝えします。


 


シャツの汚れと言えば?


ワイシャツで最も汚れが目立つ場所と言えば襟や袖口。自分で洗濯したことがある人はわかるかと思いますが、この場所の汚れは洗濯機で回しただけでは落ちません。そのため、事前に別の方法で洗っておく必要があります。


襟や袖口の汚れが落ちにくい原因は、皮脂汚れだから。皮脂汚れは通常の汚れと違い、人間の老廃物である皮脂が付着したものです。油は水を弾きます。皮脂汚れも同じで、汚れに洗剤の成分が浸透する前に、油によって邪魔されてしまいます。その結果、汚れが落ちなくなるのです。


 


シャツの汚れを落とすのにおすすめの洗剤は?


洗剤には弱アルカリ性と中性の2種類があります。こちらについては、用途に合わせて選びます。また、液体と粉末というタイプの違いもあります。こちらは、使い勝手とコストパフォーマンスを考えて選んでください。それぞれの特徴を以下で説明します。


弱アルカリ性洗剤

服につく汚れというのは基本的に酸性です。そのため、反対の性質を持つアルカリ性をぶつけることで汚れを落としてく仕組みになります。ただし、強いアルカリ性は肌荒れにつながったり、色落ちの可能性があったりといったデメリットがあります。この性質を薄めるために、“弱”アルカリ性が用いられています。


中性洗剤

弱アルカリ性洗剤と比べて洗浄力は落ちるものの、刺激が少ないのが特徴の中性洗剤。ウールなどのデリケートな素材を洗うときに向いています。市販の洗剤では、中性洗剤の他におしゃれ着洗剤と言った名前で販売されていることもあります。ドライマークがついた衣類を洗う際は、こちらを選んでみてください。


粉末洗剤と液体洗剤

洗剤には粉末洗剤と液体洗剤があります。粉末洗剤は多くの商品で使われているタイプで、コストパフォーマンスに優れます。ただし、条件次第では水に溶けきらず、洗濯物に残ってしまう可能性があります。


この弱点を払拭したのが液体洗剤です。冷たい水にも溶けやすく、飛び散りにくいので扱いが容易、というメリットを持ちます。ただし、1本当たりの単価が高い、というデメリットもあります。


 


事前準備から洗濯までのポイント


襟や袖口の洗い方

しつこい汚れとなる襟や袖口の汚れは、洗濯機に入れる前に、液体洗剤や洗濯用固形石鹸、市販の「襟・袖口用洗剤」を使って洗います。歯ブラシでこすると効果的です。なお、食器用の洗剤もおすすめ。食器用洗剤は油分を浮き上がらせるのに優れています。皮脂の汚れも油汚れには変わりないので、有効というわけです。


色物との分別

弱アルカリ性の洗剤には色落ちのリスクがあります。特に、真っ白なシャツと色・柄物の服を一緒に洗ってしまうと、色移りの可能性があるので注意しましょう。基本的には、それぞれを分けて洗うのがおすすめです。なお、中性洗剤を使うと色落ちの可能性は低くなりますが、念の為分別しておいた法が安心です。




洗濯ネットの使用

襟先やボタンを傷めないためには、ひっくり返して洗濯ネットを使うのが効果的です。また、洗濯物を少なくすると絡まりが避けられ、シワ防止になります。おしゃれ着など、洗濯に気を遣うものは、洗濯ネットで別々にしておくといいでしょう。




洗濯

お湯を用意し、洗剤を溶かします。そこへワイシャツを浸け、30分程度待ちましょう。ワイシャツに溜まった皮脂などの汚れが抜けやすくなります。その後は、通常通り洗濯機を使って洗ってください。



ちなみに、洗濯機で洗う場合は、漂白剤を使うのもおすすめ。よりクリーニング屋さんの仕上がりに近づきます。なお、漂白剤には酸素系、塩素系がありますが、塩素系には洗濯物に禁止マークがついていることがあるので、酸素系がおすすめです。なお、洗濯機ごとに漂白剤の入れ方は異なりますので、事前の確認をお忘れなく。




干し

洗濯が終わったら、シャツを振ったり引っ張ったりして形を整えて干します。このとき、きちんとシワを伸ばしておくのがポイントです。最後の仕上げにアイロンがけを行えば、シャツの洗濯は完了です。


 


真っ白なシャツで気持ちのいい毎日を


実は、クリーニング屋さんではよく落ちる洗剤といった特別なものは使っていません。むしろ「生地を傷めないために弱い洗剤」を使っています。その代わり、酸素系の漂白剤やアンモニアなどの道具を使い分け、洗濯物ごとに温度、時間、乾燥などの方法が細かく別れているようです。




家庭用の洗濯機等では限界もあるので、難しいものは専門店に任せましょう。しかし、今回お伝えしたポイントを踏まえていただければ、ワイシャツをかなり白く、キレイに洗えるはずです。ぜひお試しください。