ecoLux Laundry(エコラックスランドリー)

せんたくコラム

もう春はすぐそこ!保管中のトラブルを予防する!冬物ブーツの正しいしまい方

もう春はすぐそこ!保管中のトラブルを予防する!冬物ブーツの正しいしまい方

冬の間、寒さから足を守ってくれた厚手のブーツ。しかし、春先に近づくと収納を考えなければいけません。そこで今回は、ブーツを収納する前の準備と、適切な収納方法についてお伝えします。



片付ける前にお手入れ! 便利アイテムをご紹介


ブーツ収納の前のお手入れは欠かせません。汚れやカビが付着したままですと、次のシーズンに出したとき、大変なことに……。以下でご紹介する手順やアイテムで、しっかりとケアしておきましょう。


まずはざっくりと汚れを落としましょう


外側から見てキレイでも、ブーツは排気ガスや土埃、雨によって見えない汚れがたくさん付着しています。そのため、まずはざっくりと表面の汚れを落としていきましょう。この際に利用したいのが馬毛ブラシです。馬毛ブラシは毛先が細く、しなやかな特性を持っているため主にホコリ取りに利用されます。大きさなどもさまざまですが、ブーツの汚れ取りには小ぶりなものを選んでおくと良いでしょう。


革のブーツのクリーニング


ざっくりと汚れが落とせたら、次はクリーニングを行います。ここで注意したいのは、使われている素材によって適切な道具を選ぶことです。革のブーツであれば、ブーツ専用のクリーニング保革ムースを使いましょう。

手順は、柔らかい布にムースをスプレーし、広げるように塗ってください。ムースが乾いたら、清潔で柔らかい布で乾拭きをしてください。方法はシンプルですが、これだけでも素材本来の風合いが取り戻せます。


スエード・ムートンブーツのクリーニング


スエードやムートンの素材は毛皮です。そのため、革用のムースを使ったクリーニングは有効ではありません。選ぶべきは起毛製品用のクリーナーやクリーニングローションです。

手順は、はじめに汚れのある箇所へクリーナー等をスプレー、もしくは塗布し、クロスを使ってキレイにしていきます。その後、馬毛ブラシでブラッシングを行いましょう。この他、汚れの気になる箇所には消しゴムタイプのクリーナーもおすすめ。最後の仕上げとして、防水保護スプレーをかけて終了です。


気になる臭いや雑菌を除去


ブーツで気になると言えば臭いですね。靴の中は通気性も良くない上に雑菌の多く、繁殖しやすい環境が揃っています。この雑菌の働きでブーツは臭いがきつくなるのです。そのため、除菌は欠かせません。

雑菌の繁殖はカビやシミの原因にもなります。こういうときに便利なのが除菌スプレーです。現在はブーツ用の除菌もできる消臭スプレーが販売されていますので、ぜひ活用しましょう。日頃から使った後はスプレーするようにしておくのもおすすめです。



保管方法と保管場所


お手入れが済めば次は保管です。


湿気が多い場所は避けましょう


革に湿気は大敵です。そのため、ブーツの保管場所は湿気が少ない所を選びましょう。玄関先の靴箱などは雨などによって湿気が溜まりやすい所なので、保管場所には適していません。

起毛製品のスエードやムートンの場合には、ホコリも避けたほうがいいでしょう。ホコリが付着して取れないなんてことになったらお手入れが二度手間です。またホコリは湿気が溜まりやすいのでカビの原因にもなります。


型崩れにもご注意


長めのブーツは収納法を誤ると、変な方向へ曲がるクセがついてしまいます。これを防ぐためには、ブーツキーパーの利用がおすすめ。ブーツの中に入れておけば、型崩れを防げます。

その他、購入時に入っていた箱を使うのもおすすめ。大きさもピッタリで、何より重ねて保管できる点がメリットです。ただし、紙製の箱の場合には通気性に問題が……。そのため、除湿剤を必ず入れておくようにしましょう。詳しくは後述するのでチェックしてください。


不織布ケース・袋を使うのもおすすめ


通気性の点を考慮するなら、不織布のケースが一番です。紙製の箱同様、重ねられるので便利。大きさ次第では、他の物も入れておけるので用途が広がります。

また、不織布保管袋もおすすめ。箱のものに比べて省スペースで済む、というのがメリット。ただし、この場合はブーツキーパーが必須になるのでご注意ください。大きさは40cm×55cm程度でしたら十分入ります。



これが必須!除湿剤


ブーツの保管はどうしても長期間になります。特にブーツを片付けた先は湿気の強い梅雨、夏に入りますので適切な管理をしなければいけません。そこで重要なのは除湿剤です。これがないと梅雨の時期の間にブーツがカビだらけなんてことになりかねません。

そんな除湿剤の中でもおすすめなのがブーツキーパーも兼ねた除湿剤です。ブーツの形に合わせた作りで、中は除湿効果の高い炭が詰まっているという代物。ブーツキーパーとしても使えるので一石二鳥です。


炭の効果とは?


除湿剤としての効果が高く、湿度に合わせて水分を吸う・放出するのが炭の特性です。同時に消臭効果もありますのでブーツの保存には最適。この他にも、市販されている袋状の除湿剤でもブーツと一緒に入れてあげると効果的です。クローゼットなど、収納する場所によっては市販のクローゼット用の除湿剤なども併用してあげましょう。



大事なブーツと何年も履いていくために


以上がブーツのお手入れとおすすめの保管方法になります。この他にもブーツを保管している際に定期的に外に出して風に当てるとおすすめですし、湿気の多い季節にはカビが繁殖していないかチェックもしましょう。またブーツを使う季節になったときに気持ちよく使いたいですね。