ecoLux Laundry(エコラックスランドリー)

せんたくコラム

お部屋の明るさがアップする!カーテン掃除のポイント

お部屋の明るさがアップする!カーテン掃除のポイント

黒く汚れてしまったカーテン。一年の間でそうそう頻繁に洗濯しないものだからこそ、つい長期の間洗濯をせずに放っておきがちではないでしょうか。とにかくサイズが大きくて洗濯が面倒くさいカーテンですが、カーテンは窓と室内の境目にあるため、窓の結露によってカビが発生しやすくなっています。気分転換をして清々しい季節を気持ち良く過ごすために、カーテンの汚れをすっきりキレイに落としてみませんか?今回は、カーテンをキレイに洗うための方法をご紹介します。



カーテンを洗う前にチェックしておきたいこと


洗濯ラベルの確認


最初にカーテンの洗濯ラベルを確認し、水洗いの可否を判断します。洗濯表示に、洗濯おけや手洗いの記号があることを確認しましょう。カーテンの素材によってもまちまちです。化学素材であるポリエステルやアクリルなどは水洗いが可能です。綿素材は自宅での水洗いが可能であるものの、シワがつきやすいデメリットがあります。麻やシルクなどの自然素材は伸縮が多いため、クリーニングに出した方が得策です。


洗剤選び


基本的には一般衣料用洗剤で問題ありませんが、ラベルに中性と表示されているカーテンには、おしゃれ着用中性洗剤を使用します。利用するべき洗剤について特に記述がない場合で、なおかつ色味が薄いカーテンには、無蛍光洗剤を使用しましょう。汚れがひどい場合には、酸素系漂白剤を入れるのがおすすめです。


「屏風(びょうぶ)だたみ」で汚れをスッキリ


カーテンから金具を外し、ホコリを落としつつ、洗濯ネットにカーテンを入れます。カーテンをジャバラ状に折りたたむ「屏風(びょうぶ)だたみ」という折り方をすることで、洗剤が均一に広がり、汚れがよく落ちるようになります。特に汚れが気になった部分を表にしましょう。


気になる黒ズミには前処理を!


カーテンの上部のギャザーや裾の部分には、ホコリがついて黒ずんでいることがよくあるため、前処理をしましょう。シミなどの気になるところには洗剤の原液をつけて、キャップの底で軽く叩いてカーテンの生地に染み込ませておきます。目立つ汚れには、液体型の酸素系漂白剤を染み込ませておきましょう。あとはタオルの先に熱湯を含ませ、拭き取るようにするだけです。シミが部分的に目立つ場合は、市販のエタノールをつけた歯ブラシや綿棒で、カビの部分を叩くようにすると汚れを落としやすくなります。



カーテンの洗濯方法


カーテンフックが洗濯中にレース部分を傷つけないように外したら、家の外でカーテンに付着しているホコリを叩いて落とします。続いてカーテンをジャバラ状に屏風だたみをしたら、カーテンをネットに入れて洗濯機に入れます。ラベルの洗濯おけの下に「=」の記号や「洗濯機弱水流」マークがある場合は弱水流のコースを選択し、洗濯ラベルの表示に従って優しく洗います。「手洗いマーク」がある場合は、手でやさしく押し洗いするか、洗濯機の手洗いコースなど、洗濯記号に該当するコースで洗いましょう。

洗濯じわを防ぐため、脱水時間は30秒くらいの短時間に設定します。洗濯中に洗剤液が真っ黒になるようであれば、二度洗いがおすすめです。洗濯が終わったら、洗濯液を排水して軽く脱水し、もう一度洗濯液をつくって二度洗いをしましょう。

脱水時間が長ければ長いほどシワをつくる原因となります。脱水工程は機械任せにせず、手動で止めてしまいます。高速回転に入ってから30秒~1分ほどで止めるのがよいでしょう。カーテンは洗濯を行うと縮みやすい材質のものが多いため、高温の乾燥機を使用するのは控えましょう。また、干す前に、窓ガラスも掃除して汚れがつかないように注意しましょう。


カーテンがシワにならない乾かし方のコツ


カーテンがシワにならないように、脱水してからすぐに干すのがコツです。乾燥機に入れると破れや縮が発生しやすくなるため、カーテンを干すときはフックをつけて自然乾燥するのが一番です。脱水後すぐに洗濯槽から取り出し、叩いてシワを伸ばしてカーテンレールに吊るします。カーテンの重みで洗濯ジワも伸ばすことができ一石二鳥ですが、厚手の重いカーテンはレールに負担がかかるので、物干し竿に干すことをおすすめします。


コインランドリーでカーテンを洗濯


カーテンの生地は水分を含むと重くなります。サイズの大きなカーテンの場合、自宅用の洗濯機だと洗濯が難しいケースも少なくありません。10kg以上の容量を持つ洗濯機が設置してあるコインランドリーへ持って行けば、サイズの大きなカーテンも一度で洗濯することができ、時間効率が上がります。ただしガスを燃料とする、コインランドリー特有の強力な乾燥機にかけることができないため、水分を吸って重くなったカーテンを持ち帰るのは一苦労です。

ポリエステルやアクリル素材のカーテンはコインランドリーで洗うことができます。レーヨンやウールなどの素材は水洗いすると縮んでしまうため、ドライクリーニングに出しましょう。