ecoLux Laundry(エコラックスランドリー)

せんたくコラム

洗濯物がクサイ原因は洗濯槽にアリ!綺麗な衣類を洗う洗濯機のメンテナンス

洗濯物がクサイ原因は洗濯槽にアリ!綺麗な衣類を洗う洗濯機のメンテナンス

「衣類のニオイが気になって何度も洗濯機で洗濯しているのにもかかわらず、一向にニオイの取れる気配がない……」――もしかしたらそれは、洗濯機の洗濯槽に原因があるのかもしれません。そこで全国100名の主婦を対象とし、普段どれほどの頻度で洗濯槽の掃除を行っているのかのアンケート調査を行ってみました。洗濯の際は、洗濯物に目が行きがちですが、洗濯槽に汚れがあるとニオイだけでなく衛生面でもよくありません。洗濯槽について正しく理解することで、たちまち衣類の悩みが解消される可能性もありますので、注目してみましょう。


家庭の洗濯機について、どのくらいの頻度で洗濯槽掃除をしますか?


家庭の洗濯機について、どのくらいの頻度で洗濯槽掃除をしますか

第1位:1回/1ヶ月・・・22%


  • 服を洗うための洗濯機が汚れていては仕方ないので、こまめに掃除をするよう心がけています。[福岡県/28歳女性]
  • こまめに洗わないと、洗濯槽はカビや汚れが残ってしまい、洗濯槽が汚れたまま洗濯をしても服に汚れが付いてしまうから。[北海道/30歳女性]
  • 以前、詰まりが原因で洗濯機を使えなくなったことがあるので、小まめに洗浄しています。[埼玉県/28歳女性]

月1回は洗濯槽の掃除をしている方が最も多いという結果になりました。カビや汚れが気になるといった意見が多く、なかには毎日洗濯槽を掃除している方も。こういった方にとっては、洗濯槽が原因で嫌なニオイがつくといった心配は全くないと言えるでしょう。


第2位:1回/半年・・・18%



  • 衛生面を考えると頻繁にやりたいのですが、やはり手間で半年に1回程度行ってます。[茨城県/48歳女性]
  • 本当はもっとした方がいいのだろうけど、ついつい面倒臭くて洗濯物に残りカスがついていたりしたら掃除しています。[岐阜県/36歳女性]

半年に1回で洗濯槽の掃除をしている方は、洗濯槽のニオイや汚れが気になり始めたころに掃除する、あるいは掃除した方がいいとは知りつつも単にめんどうで、半年に1回の掃除になっているみたいです。衛生面を考えると「もうひと頑張り」といったところでしょうか。


第3位:1回/1年・・・17%


  • 1年間にそう何回も洗濯槽掃除できるものではない。理由は面倒だから。[東京都/45歳女性]
  • 普段、洗濯槽の汚れはあまり気にならないので、年に1回ぐらいしか掃除しません。 [千葉県/59歳女性]
  • 年度末大大掃除の時ぐらいしか掃除はしていないような気がする[長野県/42歳女性]

1年に1回だけ洗濯槽の掃除をしている方は、危険信号です。洗濯槽に汚れやカビが発生しており、洗濯物の嫌なニオイの原因になっているかもしれません。1度、洗濯槽の確認をしてみましょう。


第3位:1回/2~3ヶ月・・・17%


  • カビのような嫌な臭いがすることがあるため、なるべくこまめに槽洗浄をするようにしている。[北海道/31歳女性]
  • 水アカのようなものが出始めると洗濯槽の丸洗いをする。[静岡県/35歳女性]
  • なんとなく、このくらいの感覚。少しずつ、汚れや黒いものが目立ち始めるのが2~3ヶ月おきくらいに思うので。[愛知県/42歳女性]

同率3位に2~3か月に1回洗濯槽の掃除がランクイン。一般的に洗濯槽の掃除する頻度は少なくても2~3か月に1度が望ましいとされていますから、こちらも洗濯槽が原因で嫌なニオイが発生するといった心配はありません。ただ、梅雨の時期はカビが発生しやすいので、予め時期を調整したほうがよいでしょう。




アンケート調査の結果、適切な頻度で洗濯槽の掃除をできている主婦は4割だということが分かりました。確かに高い数字かもしれませんが、6割の半分以上の方は洗濯槽の掃除を適切にできていないことになります。

洗濯槽の掃除を怠れば、カビが発生して嫌なニオイの原因となります。これは、洗濯をした際に、衣類のタンパク質、脂質、汚れ、洗剤の溶け残りが洗濯槽の内側に付着するためです。また、洗濯機に残る水分もカビが発生する要因になってしまいます。カビが洗濯槽に付着した状態で、洗濯をしてしまえば、最悪、洗濯物に黒いものがつくといった事態も発生してしまいます。このようなトラブルを避けるためにも、普段から2~3ヶ月に1度は洗濯槽の掃除を心掛けるようにしましょう。

洗濯槽の洗い方としては、まずは洗濯槽の一番高い水位まで50度くらいのお湯を入れます。次に洗濯槽クリーナーを入れます。洗濯槽クリーナーには、「塩素系」と「酸素系」がありますが、必ず「酸素系」のクリーナーを使いましょう。「塩素系」だとカビ臭さが残ったままの状態になり、意図した効果が実感できません。ネット通販など探すとよいでしょう。そして、洗濯槽を500gから1kg入れた後は、「洗い」のみで約5分を選択、夜までに2~3回同様に繰り返し、1晩置きます。翌日、もう1度、「洗い」のみを選択して、今度は「排水」と「脱水」までします。最後は綺麗な水を入れて同様に「排水」と「脱水」を選択して完了です。以前とは比べ物にならないくらい綺麗になるはずです。

また、洗濯槽のカビの事前予防には、洗濯後は蓋を開けておく、洗濯機内にあるほこり取りネットなどの掃除を怠らない、洗濯機置き場は風通しをよくしておく、過酸化ナトリウムやセスキ炭酸ソーダを洗剤と一緒に使用などが挙げられます。

以上を参考に、面倒でも3ヶ月に1度は洗濯槽の掃除を心掛けるようにしましょう。そうすることで、少なくとも洗濯槽の臭いで悩むことはなくなるはずです。