ecoLux Laundry(エコラックスランドリー)

せんたくコラム

台風が来る前に!クリーニング店でできる“撥水加工”と“防水加工”の違いは?

台風が来る前に!クリーニング店でできる“撥水加工”と“防水加工”の違いは?

強い雨風にあいやすい台風の季節は、外出先で天気が崩れて衣服が濡れてしまうことがあります。大切な衣服が汚れてしまうのも心配ですし、濡れた服を身につけて過ごすのは不快感がともないます。この時期を快適に過ごすためにも、台風が来る前にクリーニング店で衣服の加工をしてみてはいかがでしょうか。“撥水加工”と“防水加工”の違いについてお伝えします。


撥水加工とは?


撥水加工とは、水をはじくための加工のことです。生地の表面を加工して水をはじきやすくすることで、生地についた水滴が滑り落ちやすい状態を作ります。水分がすぐに生地の表面から転がり落ちるため、結果として生地が濡れにくくなります。

撥水加工のメリットは、生地のすき間を残したまま加工するため、通気性が損なわれないという点です。ただし、撥水加工は完全に水を通さないというわけではありません。あくまで水をはじくことで生地が塗れてしまうのを防いでいるため、長時間の水濡れや細かい水滴などの場合は水がしみてしまうことがあります。

撥水加工は、洗濯による摩擦や紫外線などのダメージによって、徐々に効果が薄れてきます。したがって、撥水効果をキープするためには、こまめなお手入れが必要です。クリーニング店では、衣類に撥水加工を施すこともできますから、必要に応じて利用しましょう。


防水加工とは?


防水加工とは、水を通さないようにするための加工のことです。加工によって生地のすき間を埋めて、そこから水分がしみ込んでしまうのを防ぎます。生地の表面に防水のための成分を塗布したり、防水素材を貼り合わせたりすることで、防水加工を施しています。

防水加工を施された生地は、生地そのものが水を通さないため、撥水加工と比べて高い防水効果を発揮します。長時間の水濡れや、細かい水滴であっても水を通しません。このように水を通さずに内部の水濡れをより防げるのが、防水加工のメリットです。
ただし、防水加工をすることによって、内部が蒸れやすくなってしまうという難点もあります。防水加工を施した生地は、外からの水分を通さないだけでなく、水蒸気も通さない状態になります。したがって、蒸れることで不快感をおぼえてしまうことがあるかもしれません。


撥水と防水の違いは?


撥水と防水の違いは、生地に水分がしみてしまうのを防ぐための仕組みにあります。撥水加工の場合には、生地の表面についた水滴を滑り落ちやすくすることで、水分がしみてしまうのを防いでいます。それに対して防水加工の場合には、生地のすき間から水が入らないようにすることで、生地に水分がしみないようにしています。

このように、撥水と防水には大きな違いがあります。防水効果の高さで比べると、撥水加工よりも防水加工の方が優れていると言えます。しかし、防水加工には内部の水蒸気が逃げにくく蒸れやすいというデメリットもあります。撥水と防水は、用途によってもっとも適した方を利用しましょう。

市販のスプレータイプの商品で得られるのは、撥水効果です。また、クリーニング店の加工によって得られるのも、撥水効果となります。ただし、クリーニング店の撥水加工は特殊な工程によって施されるため、市販のスプレータイプよりも効果が持続しやすくなっています。なるべく長持ちさせたいのであれば、クリーニング店で加工しましょう。


どんなものに撥水・防水加工はされている?


撥水加工および防水加工は、それぞれどのようなものに使われているのかをご紹介します。

撥水加工されているもの

撥水加工されているものには、コートやダウンといった上着類が挙げられます。また、晴雨兼用の傘やレインウェアに撥水加工が施されていることもあります。これらの撥水加工の雨具は、一時的に雨を防げるものの、長時間の雨では水濡れしてしまうおそれがあります。雨具が必ずしも防水加工されているとは限りませんから、購入する際にはご注意ください。また、撥水効果が薄れてきたら、クリーニング店の撥水加工でお手入れすることをおすすめします。

防水加工されているもの

防水加工されているものには、傘・レインウェア・レインシューズなどの雨具が挙げられます。台風や梅雨の時期など、長時間の強い雨にさらされるときには、防水加工が施された雨具を利用するといいでしょう。また、スポーツ用品やテントなどの登山用品にも防水加工が施されたものがあります。しっかりと雨を防ぎたいときには、なるべく高い水圧に耐えられるような防水加工を施されたものを選びましょう。


おわりに


撥水加工と防水加工は、生地の水濡れを防ぐ方法に違いがあります。クリーニング店でできる撥水加工とは、生地についた水滴をはじくことで水濡れを防ぐというものです。撥水効果は、洗濯による摩擦などのダメージで、しだいに弱まってしまいます。したがって、クリーニング店で撥水加工をし直すなど、定期的なお手入れをすることをおすすめします。撥水加工と防水加工、それぞれのメリットとデメリットを知り、もっとも適した使い方を選びましょう。