ecoLux Laundry(エコラックスランドリー)

せんたくコラム

リラックス感で人気のスウェット素材を長く楽しむための洗濯のポイント

リラックス感で人気のスウェット素材を長く楽しむための洗濯のポイント

生地が柔らかく、身につけたときのリラックス感が魅力のスウェット素材。部屋着やスポーツウェアとしてはもちろん、昨今ではおしゃれなファッションとしても人気があります。そんなスウェット素材ですが、洗濯によって毛玉ができてしまったり、首元や裾の部分が伸びてしまったりと、衣服がダメージを受けてしまうことがあります。大切な衣服をなるべく長持ちさせるために、毎日の洗濯で押さえておくべきポイントをご紹介します。


スウェットの洗濯方法


スウェット素材は、伸びが良く吸汗性に優れているのが特徴です。このような特徴から、リラックスできる部屋着や、動きやすいスポーツウェアとして利用されることが多くなっています。しかし、洗濯によるダメージを受けやすいため、洗い方には十分に注意しましょう。

スウェット素材を洗うときは、まず衣類のタグを見て、洗濯表示を確認してください。手洗いまたは洗濯機のマークがあれば、ご家庭で洗濯できます。洗濯機で洗う場合には、スウェット素材の衣服を裏返し、畳んで洗濯ネットに入れましょう。この状態で、手洗いコースを選んで洗うようにしてください。

スウェット素材を手洗いするなら、ぬるま湯を張った洗濯桶にパーカーを入れて、優しく押し洗いをしましょう。なお、洗濯機の手洗いコースや手洗いでスウェット素材を洗うときには、おしゃれ着用の洗剤を使うと仕上がりが良くなります。


スウェットを長く楽しむ洗濯のポイント


スウェット素材は、洗濯によるダメージを受けやすい生地です。衣服をなるべく長持ちさせるために、洗濯のときに気をつけておくべきポイントをお伝えします。


汚れが気になるときは部分洗いをしておこう

衣服の袖口など特に汚れが気になるところがあるときは、洗濯機で洗う前に部分洗いをしておきましょう。汚れが気になるところにおしゃれ着用洗剤をつけて、軽く洗っておきます。ゴシゴシと強く洗うのではなく、手洗いと同じように押し洗いをしてください。


洗濯機で洗うときは裏返してネットに入れよう

スウェット素材を洗濯機で洗うと、ダメージによって毛玉ができてしまうことがあります。毛玉ができるのを防ぐためにも、洗濯機で洗うときは衣服を裏返して、ネットに入れるようにしましょう。ネットに入れることで、他の洗濯物と絡まるのを防ぐことができます。


なるべく弱い水流の洗濯コースを選ぼう

洗濯機でスウェット素材を洗うときには、なるべく弱い水流のコースを選ぶようにしてください。洗濯機のメーカーによって異なりますが、一般的には「手洗いコース」や「ドライコース」と呼ばれるものが、弱い水流で洗えるコースとなっています。


スウェット素材に適切な洗剤と柔軟剤を使って洗おう

スウェット素材を洗うときは、洗濯に使う洗剤や柔軟剤選びにも気をつけましょう。手洗いや洗濯機の弱い水流で洗うのであれば、おしゃれ着用洗剤が適しています。また、柔軟剤を使うことで洗濯じわがつきにくくなる効果を期待できます。


スウェットの正しい干し方

スウェット素材は、厚手で水分を吸収しやすいという特徴があります。しかし、だからこそ洗濯後に乾きにくくなってしまうのです。スウェット素材は干し方に工夫をして、なるべく早く乾燥させるようにしましょう。


衣服を裏返してポケット部分を乾燥させよう

スウェット素材の衣服は裏返して干してください。特に、ポケットつきの衣服の場合には、ポケットの部分が乾燥しにくくなっています。裏返すことでポケット部分を露出させると、きちんと乾かすことができます。


フード部分が重ならないように干そう

スウェット素材はなるべく重なる部分がないように干しましょう。たとえば、フードつきのパーカーの場合には、フードの部分を広げるように吊して、全体が空気にふれて乾きやすい状態を作るようにしてください。


ハンガーは首元からではなく内側から通そう


スウェット素材をハンガーに干すときは、首元などを引っ張らないように注意しましょう。ハンガーは衣服の内側から通すようにして、首元の部分にダメージを与えないようにしてください。そうすることで、スウェット素材が伸びてしまうのを防げます。


乾燥機を使うよりも自然乾燥させよう

スウェット素材の衣服を乾燥機で乾かすと、急激に水分が失われて、縮んでしまうおそれがあります。このようなダメージを防ぐためにも、スウェット素材はなるべく自然乾燥させると無難です。乾きにくいスウェット素材の衣服ですが、長持ちさせるためにもなるべく丁寧に扱ってあげましょう。


おわりに


生地の伸びが良く、吸汗性に優れているのは、スウェット素材の長所です。しかし、そんな特徴があるからこそ、洗濯して乾燥させるときには、気をつけるべきことが多くあります。スウェット素材を洗濯機で洗う場合には、裏返してネットに入れるとともに、手洗いコースを選ぶようにしましょう。また、干すときは内側からハンガーをかけて、乾燥しやすい状態を作り、自然乾燥させてください。大切に扱えば、スウェット素材の衣服が長持ちします。


参考


流行の“ゆるカジ”アイテム!「スウェット素材」を長持ちさせるための洗濯方法
スウェットが洗濯で縮む理由とその対処方法
トレーナー・スウェットの洗濯方法
その洗濯の仕方ではパーカーがすぐダメになる。良い状態で長く着るには正しい洗濯方法の実践から