ecoLux Laundry(エコラックスランドリー)

せんたくコラム

用法容量は守りましょう!柔軟剤使用のデメリット

用法容量は守りましょう!柔軟剤使用のデメリット

フレグランス効果が楽しめると人気の柔軟剤ですが、用法容量を間違えてしまうと思わぬトラブルを招いてしまいます。近年はファッション感覚で柔軟剤を選ぶという女性も増えていますが、間違った使用方法により健康被害に悩まされる方もいらっしゃるようです。今回は、日々の洗濯で何気なく使っている柔軟剤の、デメリットをご紹介します。


柔軟剤の使用で洗濯槽の汚れに気付かない?


洗濯機は、洗い・すすぎ・脱水の順で洗濯を行います。洗いのタイミングで洗剤が、すすぎで柔軟剤が投入されることになります。そのため、洗濯槽にもっとも成分が残りやすいのが、最後に使用される柔軟剤というわけです。

最近の柔軟剤の特徴は、香りの良さやバリエーションの多さにあります。しかし、柔軟剤の強い香りが原因で、洗濯槽に発生したカビの匂いに気付かないケースもあるようです。さらに、洗剤よりも粘り気が強い柔軟剤は、洗濯槽を汚す原因にもなります。

お気に入りの香りをもっと楽しむために、柔軟剤を適量以上に使用する方がいます。しかし、強い香りによって洗濯槽の汚れに気付かないばかりか、残った成分で内部を汚してしまうというデメリットがあるのです。


柔軟剤の適量を守らないことで起きる弊害は?


柔軟剤には繊維の表面に膜を作り、摩擦や静電気を防ぐという働きがあります。しかし、適量を超えて大量の柔軟剤を入れたり、投入のタイミングを間違えてしまったりすると、柔軟剤の成分が必要以上に繊維をコーティングしてしまうため、衣服の吸水性が失われることになります。

また、落としきれずに残ってしまった汚れや、再付着した汚れの上に、仕上げの柔軟剤がコーティングされてしまうこともあります。こうして洗濯を繰り返すうちに、汚れが層のように重なり、結果として繊維が黒ずんでしまうのです。こうした弊害を考えると、柔軟剤は適量を守って使用する方が、衣類や洗濯機だけでなく人にも優しいということが理解できるでしょう。


赤ちゃんの衣類に柔軟剤を使用する危険性


柔軟剤の成分には、赤ちゃんへの刺激となる成分が含まれています。知らずに使ってしまうことで、思わぬトラブルを招いてしまうおそれがありますから、注意しましょう。


陽イオン界面活性剤

柔軟剤には、陽イオン界面活性剤が含まれています。この陽イオン界面活性剤は、カオチン界面活性剤とも呼ばれ、具体的にはアルキルアミドアミン、ジアルキルアンモニウムといった成分が使用されています。これらの成分は衣類をふんわりと仕上げ、静電気防止の働きがあると同時に、強い殺菌作用があるのです。この殺菌作用が赤ちゃんの肌には刺激が強すぎるため、お肌の抵抗力を弱めてしまう原因になります。


香料

さまざまな香りを楽しめる柔軟剤には、香料が配合されています。赤ちゃんの嗅覚はとても敏感で、大人が弱いと感じる香りでも、強烈に感じてしまうことがあります。また、化学物質が赤ちゃんの鼻腔から入り込み、体に影響を及ぼす危険性もあるのです。


アレルギーを引き起こすことも


柔軟剤の成分は、赤ちゃんだけなく大人の肌にも影響を及ぼすケースがあります。陽イオン界面活性剤や香料が肌に触れることで、大人が皮膚炎やアレルギー反応を起こしてしまう可能性も否定できません。

花粉症のように、アレルゲンに対する許容量を超えると発症するアレルギー反応があります。同じように、化学物質も体内の許容量を超えてしまうことで、咳や頭痛のような症状を引き起こしてしまうことがあります。こうした症状は化学物質過敏症と呼ばれ、柔軟剤が原因とされる患者数が年々増え続けているのです。

こうしたアレルギーは、一度症状を発症すると回復が難しいとされています。こうした状況にならないように、柔軟剤の使い過ぎにはくれぐれもご注意ください。


気を付けたい周囲への「香害」


柔軟剤に限らず、消臭剤や清掃用品など、身の回りのあらゆるところに香りをアピールした商品が目立つようになりました。日常生活に香りを取り込むことで得られるメリットもありますが、一方で「香害」という言葉が生まれるほど、強すぎる香りに対して被害を訴える人たちが急増しています。


良い香りを生活の一部に取り入れたいと願うこと自体は悪いことではありません。しかし、あまりにも強い香りは、周囲への迷惑にもなり得ます。自分のお気に入りの香りは、もしかすると他人が苦手な香りかもしれません。不快な香りは気分を害するだけでなく、精神的・肉体的に影響を及ぼすおそれがあると頭の片隅に置きながら、柔軟剤を使うように心掛けましょう。


おわりに


今回は、柔軟剤使用のデメリットをご紹介しました。柔軟剤に使われている香りは、本来人に安らぎを与えるためのものであるはずです。それなのに、結果として健康被害を招いてしまうというのは、少し悲しいですよね。こちらでご紹介した柔軟剤のデメリットは、決して珍しい事例ではなく、わたしたちの身近に潜んでいる問題です。自分自身や家族を守るためにも、柔軟剤との上手な付き合い方を考え直してみてはいかがでしょうか。


参考


「香りブーム」に潜む危機!? ~香料の有毒性と「香害」について~
香り付き柔軟剤にも健康リスク!?
柔軟剤が洗濯機を一番汚してる?洗濯機をキレイに使う柔軟剤の使い方。
洗濯機の臭い 原因と対策
タイミングが大事!柔軟剤の正しい使い方