ecoLux Laundry(エコラックスランドリー)

せんたくコラム

アレルギーの原因になることも!子供のぬいぐるみは定期的なお洗濯を!

アレルギーの原因になることも!子供のぬいぐるみは定期的なお洗濯を!

遊んだり、一緒に眠ったり……子供にはお気に入りのぬいぐるみがあるはずです。しかし、毎日肌に触れるぬいぐるみなのに、今まで1回も洗濯したことがないというご家庭もあるのではないでしょうか? 子供が触ったり床に置いたり、時には噛んだりするぬいぐるみは、雑菌やダニの温床となっています。子供の健康を守るためにも、定期的な洗濯が必要です。こちらでは、ぬいぐるみを傷ませずにキレイに洗う方法をご紹介します。


ぬいぐるみはいつの間にか雑菌やダニの温床に…


長年使っているぬいぐるみには、ホコリ・手垢・唾液などの汚れがたくさん付着しています。しかし、ぬいぐるみは洋服と違ってあまり洗濯されることがないため、雑菌やダニの温床となってしまうのです。子供が雑菌のたくさんついたぬいぐるみで遊んでいれば、病気やアレルギーを起こしてしまうかもしれません。子供の健康のためにも、ぬいぐるみは定期的に洗濯しましょう。


自宅で洗えるぬいぐるみと洗えないぬいぐるみの見分け方は?


ぬいぐるみをご自宅で洗うのは、壊れてしまいそうで心配だとお思いになるかもしれません。自宅で洗っても大丈夫かどうかは、ぬいぐるみの洗濯表示を見て確認しましょう。多くのぬいぐるみはご家庭での洗濯が可能です。洗濯表示がない場合でも、メーカーに問い合わせれば教えてもらえることがあります。ただし、洗濯可能なぬいぐるみでも、古いものだと糸が劣化していて洗濯中に切れてしまうことがあるため、十分に注意してください。

また、ぬいぐるみによっては洗濯をすることで色落ちしてしまうものもあります。洗う前に水で濡らしたタオルでぬいぐるみを軽く叩いて、色がつかないかどうか確認しましょう。体の部分は問題なくても、目や口の部分が色落ちすることもあります。色落ちの危険がある部分は、忘れずに確認するようにしてください。


自宅で洗えないぬいぐるみはクリーニングや専門店へ


以下のようなぬいぐるみは、自宅で洗うことができません。

  • ビッグサイズのぬいぐるみ
  • 機械を埋め込んであるぬいぐるみ
  • 革製のぬいぐるみ、または一部に革を使ったぬいぐるみ
  • 継ぎ目に接着剤が使われたぬいぐるみ
  • 目や鼻にボタンが使われたぬいぐるみ
  • アンティークのぬいぐるみ
  • 中身にポリエステル・ビーズ・パイプ以外を使っているぬいぐるみ
  • ウール素材のぬいぐるみ
  • 水で色落ちするぬいぐるみ

これらのぬいぐるみを洗う場合は、ぬいぐるみのクリーニングを行っている専門店に任せると安心です。


ぬいぐるみの洗い方


自宅で洗っても問題がないのであれば、ぬいぐるみを手洗いしてみましょう。ぬいぐるみは以下のような手順で洗えます。


1.付属品をできるだけ外す

服やアクセサリーつきのぬいぐるみがありますが、そのまま洗うと破れたり壊れたりする可能性があります。付属品はできる限り外してから洗濯するようにしましょう。


2.洗濯桶に洗剤水を作る

次に、洗濯桶にぬるま湯と洗剤を入れて、洗剤液を作ります。洗剤はおしゃれ着用の中性洗剤がおすすめです。


3.押し洗いする

洗剤液にぬいぐるみを入れ、優しく押し洗いしましょう。


4.すすぎをする

汚れが落ちたら、ぬいぐるみを軽く絞ります。水を入れ替え、3回以上すすぎを繰り返してください。


5.柔軟剤を使う

ふわふわの仕上がりにしたいなら、柔軟剤を使いましょう。柔軟剤をぬるま湯が入った洗濯桶に入れ、ぬいぐるみの表と裏をそれぞれ10分ほど浸してください。それからよくすすぎます。


6.洗濯機で脱水

すすぎが終わったら脱水です。ぬいぐるみをタオルに包んでからネットに入れ、洗濯機に入れて5~10秒脱水しましょう。うまくいかない場合はタオルの包み方を変えてから脱水すると、水が抜けやすくなります。


7.乾かす

最後にぬいぐるみを乾かします。日陰に干すか、乾燥機を使いましょう。型崩れしないように、形を整えてから乾燥させるようにしてください。


家庭やコインランドリーの乾燥機での仕上げがおすすめ


ぬいぐるみは外に干しても乾かせますが、おすすめなのは乾燥機です。小さめのぬいぐるみでも、外で干すと乾くまでに2~3日かかります。その間天気の良い日が続くとは限らず、乾くのを待っている間にカビが生えてしまうかもしれません。しかし、乾燥機を使えば天気を心配することなくぬいぐるみを乾かせます。

さらに、便利なのはコインランドリーのガス式乾燥機です。温度が70度まで上がるため、40分以上中に入れておけば、ダニを死滅させることができます。高温に耐えられる素材かどうか確認してから使う必要がありますが、水洗いができないぬいぐるみのダニも退治でき、非常に役に立ちます。ぜひ利用してみましょう。


おわりに


お気に入りのぬいぐるみほど、大切に使い続けているうちに汚れが溜まってしまうものです。子供が病気やアレルギーを起こさないように、定期的に洗濯をしましょう。ただし、ぬいぐるみは洗い方を間違えると、継ぎ目の糸が切れてしまったり、目や鼻が取れたりすることもあります。子供が大事にしているぬいぐるみを壊さないためにも、洗い方には十分に気をつけましょう。自宅での洗濯に自信がない場合はぬいぐるみ専門のクリーニング店に依頼すると安心です。


参考


ぬいぐるみ洗ってますか?小さい子どもがいる家庭は定期的に洗う事をオススメします。
ぬいぐるみを自分で洗濯してみよう。自宅でできる方法とコツを紹介
ぬいぐるみの洗濯方法
ぬいぐるみもダニの温床!ぬいぐるみのお手入れ方法7つ